木下龍也さん×記者サロン「あなたのために詠む短歌②」【9月6日(金)~】

文化・芸能 ライフ
木下龍也②1280
  • 朝日新聞デジタル有料会員の方
    会員料金のみ

イベント概要

こんな思いにこたえる短歌を詠んでほしい――。依頼者からのお題をもとに短歌を作ってきた気鋭の歌人・木下龍也さんを迎え、朝日歌壇担当記者と語るオンラインイベントです。

木下さんはふだん、「あなたのための短歌」と題して、依頼者と顔を合わせずメールのやりとりだけで依頼内容に応じた歌を詠んでいます。作った歌は依頼者本人に届けるためのもので、同意を得て歌集に収録したものなどを除いて公開もしていません。今回のイベントでは特別に、公開することを前提にお題を募集し、作った歌についてもイベント内で語っていただきます。

4月に開いた記者サロン「木下龍也さん×AI短歌 あなたのために詠む短歌」では、収録終了後の「オフ会」として「お題」の依頼者と木下さんが贈られた歌について対話し、ご好評をいただきました。

第2弾となる今回は、選ばれた「お題」の依頼者と木下さんを収録中にオンラインで結び、対話していただく模様を配信することも考えています(対象の方には事前にご連絡し、ご希望の場合のみご参加いただきます)。

※今回のイベントでは、AIは参加しません。

【「お題」について】

○応募された「お題」のうち数点について、木下さんがそのお題に応じた歌を詠みます。お題と依頼者のお名前(ペンネーム可)、作った短歌ともに、イベント内(オンライン配信)でご紹介します。「お題」は主催者が事前に数点選び、全てのお題に対して歌を作るわけではありません。予めご了承ください。

○今回は、選ばれた「お題」の依頼者と木下さんを収録中にオンラインで結び、対話していただく模様を配信することも考えています(対象の方には事前にご連絡し、ご希望の場合のみご参加いただきます)。

○個人が特定されるような情報(名前にまつわるお題など)は避けてください。

○イベント内(オンライン配信)でご紹介する「お題」は、7月31日(水)に締め切ります。

《参考》

4月のイベントで、木下さんが「お題」をもとに詠んだ例です。

■お題
結婚しないこと、子供を産まないこと。 多様な生き方が認められる時代といえど、私の年代では「しないこと」の理由はやはり問われます。 その重圧に自分も耐えられなくなるときがあります。自由な生き方に対して歌をお願いします。(千葉県・40代)

〈心配をありがとうでも帆をたたむ港がみんなとは違うだけ〉

■お題
病気であまり家から出られません。早く元気になって自由になりたいです。こんな自分に短歌ください!(埼玉県・20代)

〈それまではおやすみいつか砂浜でいっしょに疲れようね 靴より〉

【前回の記者サロンのご案内】

好評につき、前回の記者サロン「木下龍也さん×AI短歌 あなたのために詠む短歌」の配信期間とお申し込みの締め切り日を延長しました。8月30日(金)までにお申し込みいただくと、8月30日23時59分まで何度でもご覧いただけます。

◆前回の記者サロンのお申し込みはこちらから

https://ciy.digital.asahi.com/ciy/11013280

出演者

木下龍也(きのした・たつや)さん

1988年、山口県生まれ。歌人。2013年に第1歌集「つむじ風、ここにあります」を出版。続く歌集に「きみを嫌いな奴はクズだよ」「オールアラウンドユー」など。お題を受けて作歌した「あなたのための短歌集」は21年の刊行以来、13刷4万6千部と版を重ねている。ほかに短歌入門書「天才による凡人のための短歌教室」など刊行。近著に谷川俊太郎さんとの対詩「これより先には入れません」。

木下龍也さんのX (旧Twitter) : https://x.com/kino112

佐々波幸子(さざなみ・ゆきこ)

1991年入社。文化くらし報道部、「声」編集次長、AERA副編集長を経て2020年春から文化部で毎週日曜日の朝日歌壇を担当。短歌にまつわる取材のほか、俵万智さん、永田和宏さんともイベントを開催。かつて担当した子どもの本にまつわる単著は「生きてごらん、大丈夫――子どもと本と、出会いをつむぐ」(かもがわ出版)。

朝日新聞の短歌のX (旧Twitter) : https://x.com/asahi_tanka

関連コンテンツ

  • 記者サロン「木下龍也さん×AI短歌 あなたのために詠む短歌」

  • 短歌でさがす〝いまの気持ち〟朝日歌壇ライブラリ:朝日新聞デジタル

関連記事

オンライン配信期間

2024年09月06日(金)
20:00〜
2024年10月31日(木)
23:59

※イベント自体は1時間ほど。配信期間内に何度でも視聴できます

申込締切

  • 配信
    2024年10月31日(木)20:00
  • お題の締切
    2024年07月31日(水)23:59
  • ※木下さんにこんな歌を詠んでほしいという「お題」を募集しています。詳細はイベント概要をご覧ください。

対象

  • 朝日新聞デジタル有料会員
    視聴料金=会員料金のみ
    ※初回のお申し込みに限り、お申し込み日から1カ月間は会員料金も無料でご利用いただけます。無料期間中に解約された場合、料金は発生しません。
  • 朝日新聞購読者の方は、新聞の告知欄に掲載される別のWebページから無料でお申し込みできます。7月15日の朝日新聞朝刊・記者サロン面の告知からお申し込みください。

お問い合わせ

朝日新聞イベント事務局

event-office@asahi.com

このイベントをシェア

◆朝日新聞デジタルアプリでスタンダードコースをお申し込みいただいた方
朝日IDをお持ちでない場合は、イベントお申し込み時に朝日IDへご登録ください。なお、イベントはアプリからはご覧いただけません。PCやタブレット・スマートフォンからWebブラウザにてご覧ください。

◆朝日新聞デジタル有料コースのご案内◆
 朝日新聞デジタル有料会員へご登録いただくと、今回のようなオンラインイベントのほか、様々なサービスをお楽しみいただくことができます。
 →朝日新聞デジタル有料コースのご紹介は こちら
※初回のお申し込みに限り、お申し込み日から1カ月間は無料でご利用いただけます。無料期間中に解約された場合、料金は発生しません。