記者だけが知っている 「瀬戸際の岸田政権」その行方は? 朝デジ×記者サロン【4月19日(金)~】

政治
瀬戸際の岸田政権
  • 朝日新聞デジタル有料会員
    会員料金のみ

イベント概要

岸田政権の混迷が深まっています。裏金問題をめぐる安倍派幹部らの処分、自民党内のきしみ、ポスト岸田たちのうごめき…。目の離せない展開になっています。

一方で、岸田首相は4月上旬、「もしトラ」(もしトランプ氏が再び大統領になったら)がささやかれる米国に訪米。その成果はどうだったのか。

岸田首相の命運を握る衆院3補選の投開票を4月28日に控え、政治の最前線で取材する記者と政治取材経験の長い編集幹部が徹底解説。衆院解散はあるのか、岸田政権の退陣はあるのか。舞台裏をライブで語り尽くします。

記者たちが取材秘話などを語る「記者だけが知っている」シリーズの13回目。みなさんからのご意見、ご質問を、お申し込み時のアンケートで受け付けています。お寄せいただいたご質問などは、イベント内でとりあげる場合があります。ライブ配信中にも、ご質問などを受け付ける予定です。

ライブ配信後、約1カ月間の見逃し配信も予定しています。5月31日(金)の締め切りまでにお申し込みいただくと、5月31日23時59分まで何度でもご覧いただけます。

出演者

今野 忍 (こんの しのぶ) 朝日新聞政治部記者

2009年に政治部配属。2度の政権交代を最前線で取材。首相官邸や防衛省、自民、公明、民主、維新など与野党を幅広く担当し、番記者としては菅義偉前首相、岸田文雄首相の担当は10年以上になります。

個人のX(旧ツイッター) : https://twitter.com/shinobukonno

朝日新聞デジタルの「コメントプラス」に寄せたコメント集 : https://www.asahi.com/comment/commentator/konno_s.html

テレビ朝日勤務時代の解説動画 : https://www.youtube.com/watch?v=pzS20UHgAuA

林 尚行 (はやし たかゆき) 朝日新聞ゼネラルエディター補佐

政治部時代に、小泉総理番、青木幹雄番、小沢一郎番、谷垣禎一番などを担当。第2次安倍内閣では、官邸キャップを務めた。経済部長代理や政治部長を経て2023年5月から現職。

個人のX(旧ツイッター) : https://twitter.com/thayash11297025

聞き手・前田 直人(まえだ なおひと) 朝日新聞デジタル事業担当補佐

個人のX(旧Twitter) : https://twitter.com/Nao_Maeda_Asahi

〈新MC〉聞き手・大野 由衣(おおの ゆい) 朝デジ事業センター法人事業部エリア戦略チーム

元編集記者。紙面や朝デジの編集を10年近く担当。2020年に朝日新聞ポッドキャストを立ち上げ、番組企画・制作・パーソナリティを務める。
現在も月1回、天声人語に見出しをつける「まなび場天声人語」を担当。2022年春から朝デジ事業センターで、朝デジの会員を増やす取り組みを担当しています。

「まなび場天声人語」番組一覧 : https://www.asahi.com/special/podcasts/?pgid=manabiba_tenseijingo

関連記事

  • 連載「派閥の蹉跌 解剖自民党」一覧:朝日新聞デジタル

ライブ配信

2024年04月19日(金)
20:00〜
2024年05月31日(金)
23:59

※イベント自体は1時間ほど。ライブ配信の数時間後に見逃し配信を予定しています(配信開始が遅れる場合もあります)。配信期間内に何度でも視聴できます

申込締切

    2024年5月31日(金)20:00

対象

  • 朝日新聞デジタル有料会員
    視聴料金=会員料金のみ
    ※有料会員への初回のお申し込みに限り、お申し込み日から1カ月間は無料でご利用いただけます。無料期間中に解約された場合、料金は発生しません。
  • 朝日新聞購読者
    新聞の告知欄に掲載される別のWebページから無料でお申し込みできます。4月1日、14日、5月6日掲載の朝日新聞朝刊・記者サロン面、4月17日掲載の朝日新聞朝刊4面の告知からお申し込みください。

お問い合わせ

朝日新聞イベント事務局

event-office@asahi.com

このイベントをシェア

◆朝日新聞デジタルアプリでスタンダードコースをお申し込みいただいた方
朝日IDをお持ちでない場合は、イベントお申し込み時に朝日IDへご登録ください。なお、イベントはアプリからはご覧いただけません。PCやタブレット・スマートフォンからWebブラウザにてご覧ください。

◆朝日新聞デジタル有料コースのご案内◆
 朝日新聞デジタル有料会員へご登録いただくと、今回のようなオンラインイベントのほか、様々なサービスをお楽しみいただくことができます。
 →朝日新聞デジタル有料コースのご紹介は こちら。
※初回のお申し込みに限り、お申し込み日から1カ月間は無料でご利用いただけます。無料期間中に解約された場合、料金は発生しません。