Information

校閲×記者サロン ことばの海をおよぐ ~『辞書マニア』と語る ことば・辞書・校閲~【12月20日(水)~】朝デジ有料会員

写真

 朝日新聞購読者の方は、11月20日(月)付・12月4日(月)付・1月1日(月)付の朝刊「まなび つながる 広場」面、12月3日(日)付の朝刊オピニオン面に掲載されている告知記事からお申し込み下さい。 無料の朝日ID会員への登録で、イベントのお申し込みができるご案内をしています。

 新聞社にいる「校閲さん」と呼ばれる専門集団を知っていますか?ニュースが世の中に発信される前の「最初の読者」として、記事のことばや事実関係に誤りがないか、チェックの目を光らせている校閲記者の部署です。そんな校閲さんも日々、悩みが尽きません。「敷居が高い」ってどんな意味?「的を得た」と「的を射た」、正しいのはどっち?「Vtuber」ってどんな人?――時代の流れのなか、変幻自在のことばと向き合いながら、お守りのように大切にし、ことあるごとにページをめくるのが辞書です。

 校閲×記者サロンの1回目は、新聞製作の現場で悪戦苦闘する校閲記者が、古今の辞書類に精通する「辞書マニア」の見坊行徳さんを招き、ことばと辞書、校閲の奥深い世界を語ります。


 締め切りまでにお申し込みいただくと、2024年3月31日23時59分まで何度でもご覧いただけます。

《出演者》
・見坊行徳さん (けんぼう・ゆきのり) 辞書マニア・校閲者
1985年生まれ。早大国際教養学部在学中、仲間と「早稲田大学辞書研究会」を結成。卒業後、校正・校閲専門会社「鷗来堂」で書籍や出版物の校閲を担当し、校閲部長を経て2023年に独立。YouTube「辞書部屋チャンネル」メインパーソナリティー。共編著・共著に「三省堂国語辞典から消えたことば辞典」「辞典語辞典」。祖父は三省堂国語辞典の編纂者(へんさんしゃ)を務めた故・見坊豪紀(ひでとし)氏。祖父がことばの使われ方を知るために記した「見坊カード」のデータベース化にとりかかっている。
・米田千佐子 (よねだ・ちさこ) 朝日新聞校閲センター記者
2017年、校閲記者として入社。20年からは取材記者として奈良総局で勤務し、寺社、考古学、鹿などを取材する。ことし校閲センターに戻り、現在は総合面を中心とした新聞紙面や、デジタル記事を点検している。自宅の蔵書が増えすぎて電子書籍も使い始めたが、やっぱり書店めぐりはやめられない。
・本田隼人 (ほんだ・はやと) 朝日新聞校閲センター記者
2018年、校閲記者として入社。以前は国際問題専門の出版社で校閲・編集に携わっていた。現在はおもにスポーツ面などを担当し、五輪や選挙の紙面点検にも携わる。「流行語ウォッチ」がライフワーク。一年があっという間に過ぎ去るように、言葉のはやりすたりも目まぐるしいものだと実感している。

▼朝日新聞 校閲センター X(旧ツイッター)アカウントはこちら
https://x.com/asahi_kotoba

■「祖父が出した国語辞典から消えた言葉 辞書マニアの孫が読み解いた」

■withnews 連載「コウエツさんのことばなし」


写真


 AかBの手続きをして、お申し込みください。
 なお、朝日新聞デジタル有料会員でない方は、この機会に有料会員への登録をご検討ください。
◆朝日新聞デジタル有料コースのご案内◆
 朝日新聞デジタル有料会員へご登録いただくと、今回のようなオンラインイベントのほか、様々なサービスをお楽しみいただくことができます。
 →朝日新聞デジタル有料コースのご紹介は こちら
※初回のお申し込みに限り、お申し込み日から1カ月間は無料でご利用いただけます。無料期間中に解約された場合、料金は発生しません。

※旧バージョンのWindows(Vista、7など)やmacOSでは再生できないことがあります。また、ブラウザーは最新バージョンのGoogle Chrome、Safariなどを推奨します。

※日時は全て日本時間です。

開催日時 12月20日(水)15:00スタート(1時間半ほど)
※2024年3月31日23:59まで何度でもご覧いただけます。
参加費 朝日新聞デジタル有料会員の方は無料(会員料金以外に費用はかかりません)
※新聞購読者の方も無料です。別のページからお申し込みください。
参加方法 申し込みされた方に、視聴用URLをお送りします
定員 なし
申込締切 2024年3月31日(日)20:00
申込方法 このページでの申込方法です。新聞購読者の方は、別のページでお手続きください。
◆朝日新聞デジタルの有料会員の方
末尾の「お申し込み」ボタンからログインして、必要事項を入力の上、ご応募ください。

◆朝日新聞デジタルの会員でない方(朝日IDのみお持ちの方を含む)
このページ末尾の「お申し込み」をクリックして「会員登録して応募・回答する」から朝デジ有料会員に登録し、あらためて、イベントの応募ページからお申し込みください。

◆朝日新聞デジタルアプリでスタンダードコースをお申し込みいただいた方
朝日IDをお持ちでない場合は、イベントお申し込み時に朝日IDへご登録ください。なお、イベントはアプリからはご覧いただけません。PCやタブレット・スマートフォンからWebブラウザにてご覧ください。

※イベントのお申し込みは、お一人様1回のみとさせていただきます。
・イベントのお申し込み後、視聴のご案内をメールにて送付させていただきます。
・朝日IDに携帯・スマートフォンのアドレスを登録されているお客様は、セキュリティー設定や迷惑メール対策等によりメールが届かない場合がございます。「@asahi.com」ドメインからのメールを受信できるよう設定をお願いします。
申込履歴画面に、本件のお申し込み情報が表示されない場合、お申し込みは完了していません。

◆「ahamo」「povo」「LINEMO」を契約中のお客さまはこちらをご覧ください。
お問い合わせ 朝日新聞イベント事務局
event-office@asahi.com
注意事項
○配信動画の録画、録音、キャプチャー等は固くお断りします。本動画を動画サイトなどへの無断転載、共有を行った場合、法的責任を問われる場合がございます。
【個人情報の取り扱いについて】
○お預かりした個人情報は、株式会社朝日新聞社(以下「当社」)が本イベントの受付・運営、その他本イベントに関するご連絡・分析・統計情報の作成に利用するほか、朝日新聞グループ(当社、当社のグループ企業およびASAなど朝日新聞を取り扱う新聞販売所)において、以下の利用目的で共同利用します。共同利用についての公表事項および共同利用者の範囲に含まれるグループ企業の一覧は、以下の個人情報保護方針の記載をご覧ください。
(1)商品・サービスの配送・提供
(2)商品・サービス・催し物の案内(朝日新聞グループに関する案内メールを当社から送付することを含み、またお客様の属性情報、ウェブサイト閲覧履歴、アプリ使用履歴、購買履歴等を分析し、分析結果に基づいて趣味・嗜好に応じたメール・郵送物等によるお知らせや広告配信をすることを含みます)
(3)既存の商品・サービスの改善や、新しい商品・サービスの開発などのための調査
(4) 朝日新聞グループ以外の企業等から依頼・提供された商品・サービス・催し物の案内及びプレゼントやアンケート類の送付 (朝日新聞グループ以外の企業等に関する案内メールを当社から送付することを含み、またお客様の属性情報、ウェブサイト閲覧履歴、アプリ使用履歴、購買履歴等を分析し、分析結果に基づいて趣味・嗜好に応じたメール・郵送物等によるお知らせや広告配信をすることを含みます)
○朝日新聞グループは、お客様の個人情報を法令および個人情報保護方針にしたがって安全かつ適切に取り扱います。個人情報に関する問い合わせ・請求方法等につきましては、「個人情報について」をご覧ください。
上記の内容について同意いただける方は、下の「同意」にチェックをお願いいたします。