Information

記者サロン ありふれた「三谷幸喜のありふれた生活」【2月22日(木)】朝デジ有料会員

写真

 脚本家が日常のあれこれを愉快につづるエッセイ「三谷幸喜のありふれた生活」。

 朝日新聞で週に1度の連載が始まって、24年になります。この連載の表と裏のあれこれを、三谷幸喜さん自身が語るトークショーに、日頃のご愛読への感謝をこめて、読者の皆さまを会場と動画配信(アーカイブ視聴)にご招待します。

 聞き手は、連載のスタートから担当している山口宏子記者です。

 また、イベント終了後のアンケートにご回答頂いた参加者の中から抽選で30名様に『三谷幸喜のありふれた生活』(朝日新聞出版刊)の最新刊をプレゼント致します。

 アーカイブ視聴は締め切りまでにお申し込みいただくと、2024年3月29日23時59分まで何度でもご覧いただけます。(※会場観覧は締め切りました)

《出演者》
・三谷幸喜さん (みたに・こうき) 1961年東京生まれ。日本大学芸術学部在学中の83年に劇団「東京サンシャインボーイズ」を結成。以降、舞台、テレビドラマ、映画の脚本執筆や演出などで幅広く活躍している。代表作は、演劇「12人の優しい日本人」「ショウ・マスト・ゴー・オン」「笑の大学」「国民の映画」「日本の歴史」、ドラマ「古畑任三郎」「王様のレストラン」「鎌倉殿の13人」、映画「ラヂオの時間」「記憶にございません」など数多い。2024年1~3月に作・演出する新作舞台「オデッサ」が上演。9本目となる新作映画も製作中で公開が待たれている。
 朝日新聞の連載エッセイ「三谷幸喜のありふれた生活」は2000年4月にスタート、単行本は朝日新聞出版から17巻まで刊行されている。
・山口宏子 (やまぐち・ひろこ) 朝日新聞オピニオン編集部記者。群馬県生まれ。1983年入社。編集委員(演劇担当)、論説委員(文化・メディア担当)を務めた。武蔵野美術大学、日本大学、東京都立総合芸術高校で演劇概論や批評研究などの授業を受け持つ。共著に『蜷川幸雄の仕事』(新潮社)。

三谷幸喜のありふれた生活

■連載「三谷幸喜のありふれた生活」一覧:朝日新聞デジタル

脚本家・劇作家・演出家で、映画監督も手がける三谷幸喜さんのエッセーです。2000年4月に始まった人気コーナー。原則毎週木曜に更新します。




写真

 朝日新聞購読者の方は、新聞紙面に掲載されるイベントの告知をご確認ください。無料の朝日ID会員への登録で、イベントのお申し込みができるご案内をしています。告知の紙面掲載日は、決まり次第、このページを更新してお知らせします。

 AかBの手続きをして、お申し込みください。
 なお、朝日新聞デジタル有料会員でない方は、この機会に有料会員への登録をご検討ください。
◆朝日新聞デジタル有料コースのご案内◆
 朝日新聞デジタル有料会員へご登録いただくと、今回のようなオンラインイベントのほか、様々なサービスをお楽しみいただくことができます。
 →朝日新聞デジタル有料コースのご紹介は こちら
※初回のお申し込みに限り、お申し込み日から1カ月間は無料でご利用いただけます。無料期間中に解約された場合、料金は発生しません。

※旧バージョンのWindows(Vista、7など)やmacOSでは再生できないことがあります。また、ブラウザーは最新バージョンのGoogle Chrome、Safariなどを推奨します。

※日時は全て日本時間です。

開催日時 会場観覧=2024年2月22日(木)18:30開始20:00終了予定(17:45開場) 浜離宮朝日ホール・小ホールで開催。会場観覧の方もアーカイブ視聴をご覧いただけます。※会場観覧は締め切りました
アーカイブ視聴=2024年2月29日(木)18:00~※3月29日(金)23:59まで何度でもご覧いただけます。
参加費 朝日新聞デジタル有料会員の方は無料(会員料金以外に費用はかかりません)
※新聞購読者の方も無料です。別のページからお申し込みください。
会場のアクセス 浜離宮朝日ホール 朝日新聞東京本社・新館2階
都営地下鉄大江戸線築地市場駅「A2」出口すぐ
東京メトロ日比谷線東銀座駅、築地駅の各駅から徒歩約8分
https://www.asahi-hall.jp/hamarikyu/access/
参加方法 会場参加=2024年1月22日(月)以降に当選結果を連絡します。当選された方は、イベント当日に、メールの画面か、印刷されたものを会場の受付でお示しください。当選されなくても、アーカイブ視聴をご覧いただけます。ご登録いただいたメールアドレスに視聴リンク(URL)をお送りします。※会場観覧は締め切りました
アーカイブ視聴=お申し込み時に記入したメールアドレスに視聴リンク(URL)をお送りします。
定員 会場観覧=350人(応募者多数の場合は抽選。1回の申込で同伴者1名まで)※会場観覧は締め切りました
アーカイブ視聴=定員なし
申込締切 会場観覧=2024年1月15日(月)23:59まで ※会場観覧は締め切りました
アーカイブ視聴=2024年3月29日(金)20:00まで
申込方法 このページでの申込方法です。新聞購読者の方は、別のページでお手続きください。
◆朝日新聞デジタルの有料会員の方
末尾の「お申し込み」ボタンからログインして、必要事項を入力の上、ご応募ください。

◆朝日新聞デジタルの会員でない方(朝日IDのみお持ちの方を含む)
このページ末尾の「お申し込み」をクリックして「会員登録して応募・回答する」から朝デジ有料会員に登録し、あらためて、イベントの応募ページからお申し込みください。

◆朝日新聞デジタルアプリでスタンダードコースをお申し込みいただいた方
朝日IDをお持ちでない場合は、イベントお申し込み時に朝日IDへご登録ください。なお、イベントはアプリからはご覧いただけません。PCやタブレット・スマートフォンからWebブラウザにてご覧ください。

※イベントのお申し込みは、お一人様1回のみとさせていただきます。
・イベントのお申し込み後、視聴のご案内をメールにて送付させていただきます。
・朝日IDに携帯・スマートフォンのアドレスを登録されているお客様は、セキュリティー設定や迷惑メール対策等によりメールが届かない場合がございます。「@asahi.com」ドメインからのメールを受信できるよう設定をお願いします。
申込履歴画面に、本件のお申し込み情報が表示されない場合、お申し込みは完了していません。

◆「ahamo」「povo」「LINEMO」を契約中のお客さまはこちらをご覧ください。
お問い合わせ 会場観覧:読者イベント事務局(朝日カルチャーセンター内)
dokusya@asahiculture.com
アーカイブ視聴:朝日新聞イベント事務局
event-office@asahi.com
注意事項
○配信動画の録画、録音、キャプチャー等は固くお断りします。本動画を動画サイトなどへの無断転載、共有を行った場合、法的責任を問われる場合がございます。
【個人情報の取り扱いについて】
○お預かりした個人情報は、株式会社朝日新聞社(以下「当社」)が本イベントの受付・運営、その他本イベントに関するご連絡・分析・統計情報の作成に利用するほか、朝日新聞グループ(当社、当社のグループ企業およびASAなど朝日新聞を取り扱う新聞販売所)において、以下の利用目的で共同利用します。共同利用についての公表事項および共同利用者の範囲に含まれるグループ企業の一覧は、以下の個人情報保護方針の記載をご覧ください。
(1)商品・サービスの配送・提供
(2)商品・サービス・催し物の案内(朝日新聞グループに関する案内メールを当社から送付することを含み、またお客様の属性情報、ウェブサイト閲覧履歴、アプリ使用履歴、購買履歴等を分析し、分析結果に基づいて趣味・嗜好に応じたメール・郵送物等によるお知らせや広告配信をすることを含みます)
(3)既存の商品・サービスの改善や、新しい商品・サービスの開発などのための調査
(4) 朝日新聞グループ以外の企業等から依頼・提供された商品・サービス・催し物の案内及びプレゼントやアンケート類の送付 (朝日新聞グループ以外の企業等に関する案内メールを当社から送付することを含み、またお客様の属性情報、ウェブサイト閲覧履歴、アプリ使用履歴、購買履歴等を分析し、分析結果に基づいて趣味・嗜好に応じたメール・郵送物等によるお知らせや広告配信をすることを含みます)
○朝日新聞グループは、お客様の個人情報を法令および個人情報保護方針にしたがって安全かつ適切に取り扱います。個人情報に関する問い合わせ・請求方法等につきましては、「個人情報について」をご覧ください。
上記の内容について同意いただける方は、下の「同意」にチェックをお願いいたします。