Information

記者サロン「『メタバース×教育』で変わる!」シリーズ第2~4回(2023年1月31日まで配信中)

写真

 現実世界とは違う、コンピューターやインターネット上の3次元空間「メタバース」。大学や学校など教育分野でも、「メタバース」を活用しようという動きが始まっています。「メタバース×教育」で学びにどんな可能性が広がるのかを探る、今シリーズの第1回では、この秋の東大「メタバース工学部」開設に携わった専門家のお二人に「東大の挑戦」と題して語っていただきました。

 視聴者からご質問いただいた内容を踏まえ、第2回では「医学とグローバル教育」をテーマに、順天堂大学のバーチャルホスピタルや関西外国語大学のメタバース施設を使ったグローバル教育の取り組みをご紹介します。

 また、第3回では、「登校しない学び」と題して、不登校支援にメタバース活用を始める熊本市、長期休みや授業でメタバースを活用している東京・自由ケ丘学園高校、通信制高校として昨春からメタバースを使ったコースを始めたS高等学校の取り組みをお聞きします。

 さらに、第4回では、挑戦してみようと思った時、学校や大学などの授業、キャンパスでどんな形で活用できるのか。メタバース内でセッションも行いながら「体験!! 授業活用」と題して、実際に授業をされている東大准教授にご説明いただきます。みなさんも一緒に「メタバース×教育」の未来像を考えてみませんか。

 締め切りまでにお申し込みいただくと、2023年1月31日23:59まで何度でもご覧頂けます。

《出演者》
【第2回】医学とグローバル教育
・服部信孝さん (はっとり・のぶたか) 順天堂大学大学院医学研究科長・医学部長。パーキンソン病研究の第一人者として知られ、 日本パーキンソン病・運動障害疾患学会代表理事などを歴任。 順天堂大学医学部神経学講座で教えるとともに、東京医科大学、滋賀医科大学、新潟薬科大学などの客員教授も兼任。2019年から現職。
・水野義之さん (みずの・よしゆき) 2023年春開設の関西外国語大学・外国語学部 英語・デジタルコミュニケーション学科長に就任予定。京都大学理学部物理系学科卒、東北大学大学院理学研究科博士課程修了後、フランス、西ドイツ、スイスの原子核研究所などで研究。大阪大学核物理研究センター助教授、京都女子大学教授を歴任。現在は関西外国語大学教授。

【第3回】登校しない学び
・遠藤洋路さん (えんどう・ひろみち) 熊本市教育長。1997年文部省入省。2002年ハーバード大学ケネディ行政大学院修了(公共政策学)。熊本県教育庁社会教育課長、内閣官房知的財産戦略推進事務局総括補佐などを経て、2010年文部科学省退職。同年に青山社中株式会社を起業し、共同代表に就任。2017年から現職。2022年から兵庫教育大学客員教授。
・今井朝子さん (いまい・ともこ) 私立自由ケ丘学園高校教育戦略室長、STEAM/SEL/国際プロジェクト担当。1998年から東京大学・イリノイ大学シカゴ校・NTTが実施したネットワークVRのプロジェクトの東京プロジェクト・マネージャーを、2022年から経済協力開発機構(OECD)社会性と情動のスキルの調査のナショナル・プロジェクト・マネージャーを務める。
・吉村総一郎さん (よしむら・そういちろう) 角川ドワンゴ学園S高校校長。東京工業大学大学院修了。エンジニアとしてドワンゴに入社し、各種ミドルウエア開発に携わる。角川ドワンゴ学園IT戦略部長、講師としてプログラミング教育を牽引。N高校副校長を経て、2021年からS高校初代校長。

【第4回】体験!! 授業活用
・雨宮智浩さん (あめみや・ともひろ) 東京大学大学院情報理工学系研究科准教授。2004年に同研究科修士課程修了、日本電信電話株式会社入社。NTTコミュニケーション科学基礎研究所主任研究員(特別研究員)などを経て、2019年より現職。東京大学バーチャルリアリティ教育研究センター准教授兼任。日本バーチャルリアリティ学会評議員。
【コーディネーター(第1回~第4回)】朝日新聞編集委員(教育) 宮坂麻子 (みやさか・あさこ) 


シリーズ第1回「東大の挑戦」 申込・視聴はこちら↓から(2023年1月31日までご覧頂けます)
https://que.digital.asahi.com/question/11008996

◆朝日新聞デジタル有料コースのご案内◆
朝日新聞デジタル有料会員にご登録頂くと、今回のようなオンラインイベントのほか、様々なサービスをお楽しみ頂くことができます。
 →朝日新聞デジタル有料コースの紹介はこちら
※初回のお申し込みに限り、お申し込み日から1カ月間は無料でご利用いただけます。無料期間中に解約された場合、料金は発生しません。

◆朝日新聞紙面を定期購読されている方
※朝日新聞デジタルの有料会員でない場合でも、この記者サロンについては「特別招待」いたします。10月16日付、24日付、11月7日付の朝日新聞朝刊に掲載した記者サロンの告知から登録の手続きをしていただくことで、視聴することができます。

※旧バージョンのWindows(Vista、7など)やmacOSでは再生できないことがあります。また、ブラウザーは最新バージョンのGoogle ChromeやMicrosoft Edge、Safariなどを推奨します。

※日時は全て日本時間です

開催日時 10月23日(日)
11月6日(日)
11月20日(日)すべて14:00~
(※収録したものを配信します。2023年1月31日23:59まで何度でもご覧頂けます)
参加費 無料
参加方法 申し込みされた方に、視聴用URLをお送りします
定員 なし
申込締切 2023年1月31日(火)14:00
申込方法 ◆朝日新聞デジタルの有料会員の方
末尾の「お申し込み」ボタンからログインして、必要事項を入力の上、ご応募ください。

◆朝日新聞デジタルの会員でない方(朝日IDのみお持ちの方を含む)
このページ末尾の「お申し込み」をクリックして「会員登録して応募・回答する」から朝デジ有料会員に登録し、あらためて、イベントの応募ページからお申し込み下さい。
※お申し込みは、お一人様1回のみとさせていただきます。

・イベント前日までに当日のご案内をメールにて送付させていただきます。
・朝日IDに携帯・スマートフォンのアドレスを登録されているお客様は、セキュリティー設定や迷惑メール対策等によりメールが届かない場合がございます。「@asahi.com」ドメインからのメールを受信できるよう設定をお願いします。
申込履歴画面に、本件のお申し込み情報が表示されない場合、お申し込みは完了していません。

◆「ahamo」「povo」「LINEMO」を契約中のお客さまはこちらをご覧下さい
お問い合わせ 朝日新聞イベント事務局
event-office@asahi.com
注意事項
○配信動画の録画、録音、キャプチャー等は固くお断りします。本動画を動画サイトなどへの無断転載、共有を行った場合、法的責任を問われる場合がございます。
【個人情報の取り扱いについて】
○お預かりした個人情報は、株式会社朝日新聞社(以下「当社」)が本イベントの受付・運営、その他本イベントに関するご連絡・分析・統計情報の作成に利用するほか、朝日新聞グループ(当社、当社のグループ企業およびASAなど朝日新聞を取り扱う新聞販売所)において、以下の利用目的で共同利用します。共同利用についての公表事項および共同利用者の範囲に含まれるグループ企業の一覧は、以下の個人情報保護方針の記載をご覧ください。
(1)商品・サービスの配送・提供
(2)商品・サービス・催し物の案内(朝日新聞グループに関する案内メールを当社から送付することを含み、またお客様の属性情報、ウェブサイト閲覧履歴、アプリ使用履歴、購買履歴等を分析し、分析結果に基づいて趣味・嗜好に応じたメール・郵送物等によるお知らせや広告配信をすることを含みます)
(3)既存の商品・サービスの改善や、新しい商品・サービスの開発などのための調査
(4) 朝日新聞グループ以外の企業等から依頼・提供された商品・サービス・催し物の案内及びプレゼントやアンケート類の送付 (朝日新聞グループ以外の企業等に関する案内メールを当社から送付することを含み、またお客様の属性情報、ウェブサイト閲覧履歴、アプリ使用履歴、購買履歴等を分析し、分析結果に基づいて趣味・嗜好に応じたメール・郵送物等によるお知らせや広告配信をすることを含みます)
○朝日新聞グループは、お客様の個人情報を法令および個人情報保護方針にしたがって安全かつ適切に取り扱います。個人情報に関する問い合わせ・請求方法等につきましては、「個人情報について」をご覧ください。
上記の内容について同意いただける方は、以下の「同意する」にチェックをお願いいたします。