Information

12⽉17⽇(金) 先⽣のためのSDGs勉強会~「withコロナ」から「ポスト・コロナ」への新たなステップ~

写真


 国連が提唱する「持続可能な開発目標(SDGs)」を子どもたちにどう教えるか。朝日新聞社は、そんな悩みをもつ先生方を対象にした勉強会を開きます。2018年から実施している「先生のためのSDGs勉強会」は、東京・大阪各本社の開催を合わせて、今回で20回目となります。
 SDGsを子どもたちにどう教えるか?という当初のテーマは、学校でどのように取り入れるのか、なぜ活用するのか?どう活用しているか?とSDGsをフックにその方法論だけでなく、先生や学校文化の変革にまで話が及びました。
 そんな折の新型コロナウイルスの出現。世界的なウイルスの脅威はまだ収まる兆しはありませんが、学校現場はこれまでにない変革を迫られました。「withコロナ」で見えてきたたくさんのコトやモノを「ポスト・コロナ」へとステップアップさせるそんな転換点に私たちは立たされています。
 今回は、「withコロナ」で見えてきたコト・モノ、「ポスト・コロナ」への新たなステップをテーマに、新渡戸文化学園の山藤旅聞先生と埼玉県立伊奈学園中学校の松倉紗野香先生にご登壇いただきお話しをうかがいます。
※今回の勉強会は参加者同士の交流もふくめてZoomでのオンラインで行います。
※参加確定( 参加申込、クレジット決済)された方に、後日視聴URLをお送りします。

《登壇者》
・山藤旅聞 (さんとう・りょぶん) 新渡戸文化中学・高校
一般社団法人Think The Earth/未来教育デザインConfeito
2004年より都立高校で生物の教員となり、生徒が主体的に学びを進める授業を研究・実践。現在は多数の企業やNPO/NGOと協働したPBL (Project Based Learning)を実施。100を超えるプロジェクトを生み出している。2017年「未来教育デザインConfeito」を立ち上げ、(一社)Think the Earthにも所属し、全国で出前授業や講演を展開。2019年グッドライフアワード 環境大臣賞受賞。 2021年立教大学環境会の副代表に。
共著に『気候変動の時代を生きる』(山川出版)、『未来を変える目標SDGs アイデアブック』(Think the Earth)がある。

・松倉紗野香(まつくら・さやか) 埼玉県立伊奈学園中学校
NPO法人開発教育協会(DEAR)理事
2004年より埼玉県中学校英語科教員として、公立中学校に勤務。
2015年度より4年間、研究開発学校研究主任として公立中学校初の「グローバルシティズンシップ科」の創設に携わる。
現在は、開発教育、国際理解教育、グローバルシティズンシップ教育に関する研究・実践を続けると同時に認定NPO法人開発教育協会(DEAR)理事として、教材の執筆、ワークショップのファシリテーターを務める。
共著に『SDGs学習のつくりかた』(開発教育協会)、『SDGsカリキュラムの創造』(学文社)、『ポスト・コロナショックの授業づくり』(東洋館出版社)などがある。


 
開 催 日 時 2021年12月17日(金)19:00~20:30(21:00 完全終了)【開場18:40】
開 催 方 法 オンライン配信(Zoom)

※参加確定( 参加申込、クレジット決済)された方に、後日視聴URLをお送りします。 ※Zoomソフトをパソコンにインストール(無料)してください。
対  象 現役の教職員
定  員 200名(申込先着)
参 加 費 1人 税込550円(税別500円)
内  容 第一部
【withコロナ】でみえてきたコト・モノ
「先生の変容は、どう生徒、学校を変化させたか」(仮)
第二部
【ポスト・コロナ】への新たなステップ
「VUCA時代における先生のマインドと学校文化」(仮)
 それぞれの大きなテーマに沿ったお話しをもとに、現状の課題などを参加者と一緒に考えていきます。

応 募 締 切 12月12日(日)23:59までに「お申し込み」ボタンよりお申込み、ご決済ください。
注 意 事 項 ※ワークショップを行うためパソコンでの参加が必須となります。
※参加者同士のグループワークを実りあるものにするためにもパソコンにWEBカメラとマイクが必要です。
※複数端末でのご参加はご遠慮ください。
※パソコン性能や使用するネットワーク状況により画像や音声が乱れる場合があります。
※本イベントは、申込確定後のキャンセル・返金はできませんので、あらかじめご了承の上、お申し込みください。またクーリングオフも適用されません。
お問い合わせ 朝日新聞社「先生のためのSDGs勉強会」事務局
メールアドレス:ocsr-sdgsonline@asahi.com
主  催 朝日新聞東京本社CSR推進部、大阪本社代表室教育チーム
申 込 ・決 済 方 法 下記の注意事項を必ずご確認、ご了解の上、末尾の「お申し込み」ボタンからお進みください。
・クレジットカード決済のみとなります。
・お申込みの際は、朝日IDの登録(無料)が必要となります。
・お申し込みいただいた方には、すぐに申込確認メールを朝日IDにご登録のメールアドレスあてに送信いたします。また、12月15日(水)ごろに決済完了メールを送付いたします。なお、朝日IDに携帯・スマートフォンのアドレスを登録されているお客様は、docomo、au、softbankなど各キャリアのセキュリティー設定や迷惑メール対策等で、お客様がドメイン指定受信を設定されている場合、メールが正しく届かないことがございます。「@asahi.com」ドメインからのメールを受信できるよう設定をお願いいたします。
マイページ画面に、本勉強会の申込情報が表示されていない場合は、申込は完了されていません。

◆「ahamo」「povo」「LINEMO」を契約中のお客さまへ
「ドコモ」「au」「ソフトバンク」「ワイモバイル」から、「ahamo」「povo」「LINEMO」に契約変更された方は、下記ドメインのキャリアメールのアドレスが利用できなくなっています。
@docomo.ne.jp, @ezweb.ne.jp, @au.com, @softbank.ne.jp, @i.softbank.jp, @ymobile.ne.jp, @yahoo.ne.jp

上記のメールアドレスで朝日IDへのログインはできますが、イベントへの申込み完了をお知らせするメールや、朝日IDのパスワードを再発行するためのメールを、お客様が受け取ることができません。キャリアメールで朝日IDに登録後、「ahamo」「povo」「LINEMO」に契約変更された方で、朝日IDのメールアドレスを変更されていない方は、朝日IDページの「会員サポート」から「ログインID(メールアドレス)の確認・変更」に進み、利用できるメールアドレスへの変更をお願いいたします。

個人情報の取り扱い
【個人情報の取り扱いについて】
○お預かりした個人情報は、株式会社朝日新聞社(以下「当社」)が本イベントの受付・運営、その他本イベントに関するご連絡・分析・統計情報の作成に利用するほか、朝日新聞グループ(当社、当社のグループ企業およびASAなど朝日新聞を取り扱う新聞販売所)において、以下の利用目的で共同利用します。共同利用についての公表事項および共同利用者の範囲に含まれるグループ企業の一覧は、以下の個人情報保護方針の記載をご覧ください。
(1)商品・サービスの配送・提供
(2)商品・サービス・催し物の案内(朝日新聞グループに関する案内メールを当社から送付することを含みます)
(3)既存の商品・サービスの改善や、新しい商品・サービスの開発などのための調査 
(4)提携企業等から提供された商品・サービス・催し物の案内及びプレゼントやアンケート類の送付 (朝日新聞グループ以外の企業等に関する案内メールを当社から送付することを含みます)
○朝日新聞グループはお客様の個人情報を、法令および 個人情報保護方針 にしたがって安全かつ適切に取り扱います。
上記の内容について同意いただける方は、以下の「同意する」にチェックをお願いいたします。