Information

【朝日地球会議plus】いまのSDGsでは地球のために「きれいごと」にすらなっていないこれだけの理由

写真

 「地球にやさしい」という言葉が最近「きれいごと」ではなくなってきました。国連が2030年までに世界が達成すべきゴールとしてSDGs(持続可能な開発目標)を掲げたのが2015年。この言葉の広がりは、私たちが住む地球が深刻な危機に直面していることにようやく日本を含めた世界が気づき始めた、その証拠なのです――。
 さてこの説明、いかがですか? 「なるほど、その通りだ」とか「やっぱりきれいごとだ」とか、いろいろあると思います。
 「だれひとり取り残さない」――。SDGsのスローガンを理念として否定する人は少ない。でも、だからこそ危ういし、有害ですらある。つまりSDGsは「きれいごと」だからいけないのではなくて、「ぬるすぎる」のだ、と言われたらどうでしょうか。経済思想家の斎藤幸平・大阪市立大学准教授は、かつてかのマルクスが宗教について、危機的な状況を直視させない役割を果たす「アヘンである」と批判したのをもじって「SDGsは現代版の大衆のアヘンである」と指摘します。現代の資本主義システムを根本的に変えることなしにはその実現はありえず、かえって地球の深刻な危機の原因から私たちが目を背ける役割を担ってしまっている、と。
 一方で、私たちは問題点を指摘することはできても、いまの資本主義以外の経済システムを想像するのが難しいのも現実です。私たちが考えないといけない、本当の「きれいごと」とは何か。SDGsをめぐる動きを出発点に斎藤さんと考えます。

◆本イベントは朝日新聞デジタル有料会員ご優待のイベントです。
◆有料会員の登録のない方は、1,000円(税込み)をお支払いいただくことでご視聴いただけます。

≪出演者/略歴≫
・斎藤幸平さん
 経済思想家・大阪市立大学准教授。1987年生まれ。専門は経済思想・社会思想。独フンボルト大学哲学科博士課程修了。博士(哲学)。マルクス思想の核心を読み直す著作を相次いで発表している。著作に『大洪水の前に』(堀之内出版)。近著に『人新世の「資本論」』(集英社新書)。
・高久 潤(=聞き手)
 朝日新聞オピニオン編集部記者。1980年生まれ。グローバリゼーションやテクノロジーの発達、社会思想などをテーマに取材している。取材班として共著『民主主義って本当に最良のルールなのか、世界をまわって考えた』(東洋経済新報社)、『コロナ後の世界を語る 現代の知性たちの視線』(朝日新書)。


開催日時 2月17日(水)20:00スタート(1時間ほど)
※この時間帯にご視聴いただけない場合は、2月28日(日)23時59分までのあいだ、オンデマンド配信でご覧いただけます。
参加条件 朝日新聞デジタル有料会員限定のイベントです。
※有料会員でない方は、この機会にぜひ有料会員ご登録をお願いいたします。コチラのページよりお申し込みになれます。
※有料会員への登録のあと、このページからオンラインイベントに応募できます。
※有料会員でない方も、1,000円(税込み)をお支払いいただくことでご視聴になれます。
参加方法 申し込みされた方に、視聴用URLをお送りします。
定員 なし
申込締切 2021年2月28日(日)22:00
申込方法 下記の注意事項を必ずご確認、ご了承の上、末尾の「お申し込み」ボタンからお進みください。
【朝日新聞デジタルの有料会員の方・有料会員登録をして参加される方】
末尾の「上記に同意して申し込む/朝日新聞デジタル有料会員の方」ボタンから、お進みください。
【視聴料(税込み1,000円)をお支払いいただいて参加される方】
末尾の「上記に同意して申し込む/視聴料(消費税込み1000円)支払いの方」ボタンから、お進みください。朝日IDの登録(無料。メールアドレスとパスワードの登録のみ)が必要です。お支払いは、クレジットカード決済のみとなります。お申込確定後のキャンセル・返金はできませんので、予めご了承ください。

・お申し込み頂いた方には、すぐに申込確認メールを朝日IDにご登録のメールアドレスあてに送信いたします。なお、朝日IDに携帯・スマートフォンのアドレスを登録されているお客様は、docomo、au、softbankなど各キャリアのセキュリティー設定や迷惑メール対策等で、お客様がドメイン指定受信を設定されている場合、メールが正しく届かないことがございます。「@asahi.com」ドメインからのメールを受信できるよう設定をお願いいたします。
マイページ画面に、本件の申込情報が表示されない場合、お申し込みは完了していません。
ご利用方法 ・パソコン、スマートフォン、タブレットなどでのインターネット・ブラウザで視聴が可能です。できるだけ高速で安定した通信環境でご覧になることをお勧めします。
・下記の注意事項をお読みになり、ご了解の上、ご利用ください。
・お申し込み時にご登録頂いたメールアドレスに、動画視聴ページのURLをお知らせします。
お問い合わせ先 朝日新聞フォーラム事務局
forum@asahi.com
申し込みに際しての注意事項および個人情報の取り扱いについて
・本イベントは、申込確定後のキャンセル・返金はできませんので、あらかじめご了承の上、お申し込みください。またクーリングオフも適用されません。
○お預かりした個人情報(氏名、Emailアドレス、住所、電話番号、生年月日、性別を含む )は、「朝日地球会議plus」(以下「本イベント」といいます)視聴の案内を含む連絡メールの送信、本イベントに関するアンケートの送付、アンケート回答者のうち抽選で当選した方への景品の送付のために利用するほか、朝日新聞グループ(当社、当社のグループ企業およびASAなど朝日新聞を取り扱う新聞販売所)において、以下の利用目的で共同利用します。 (1)商品・サービスの配送・提供 (2)商品・サービス・催し物の案内やメールマガジン(広告・宣伝メールを含みます)の送信 (3)既存の商品・サービスの改善や、新しい商品・サービスの開発などのための調査 (4)提携企業等から提供された商品・サービス・催し物の案内及びプレゼントやアンケート類の送付
○朝日新聞グループはお客様の個人情報を、法令および個人情報保護方針( http://www.asahi.com/shimbun/reference/privacypolicy01.html )にしたがって安全かつ適切に取り扱います。共同利用についての公表事項および共同利用者の範囲に含まれるグループ企業の一覧を含む詳細は、上記ページをご覧ください。

◆EEA(欧州経済領域)に居住する方につきましては、上記に加え、下記の個人情報に関する取り扱い方針も適用されます。
○お客様は、「個人情報の取扱いについて」に同意の意思表示を行うことによって、朝日新聞グループによる個人情報の取り扱いについて同意したこととなり、朝日新聞グループは、お客様の同意に基づいて個人情報を取り扱います。ただし、お客様は同意をいつでも撤回することができます。16歳未満のお客様が本イベントに申し込みをされるにあたっては、申込について保護者の方に同意をしていただくか、保護者の方から許可を得たうえで本イベントの申込に同意していただく必要があります。
○お客様は、お客様に関連する個人情報の取り扱いにつき、上記の朝日新聞社の個人情報保護方針で定められる確認・訂正・利用停止・削除等の権利に加え、データポータビリティ権の行使、および管轄を有する各国データ保護当局に対して異議を申し立てる権利を有します。
○EEA居住者で本イベントに申し込まれたお客様の個人情報に関するお問い合わせは、朝日新聞社フォーラム事務局(メールアドレス forum@asahi.com )までお寄せ下さい。
○お客様に提供していただく個人情報は、朝日新聞社が上記に定めた利用目的実現のために必要なものですので、ご提供いただけない場合、朝日新聞社は利用目的を実現できない場合がありますことを、ご了承下さい。
○朝日新聞グループは、お客様の個人情報を保有する必要性がなくなった場合には、これを消去しますが、法令等に期間の定めがある場合は当該法令等に従います。

上記注意事項をご了承のうえ、お申込み下さい。