Information

3月19日(金)【地球会議plus】「カーボンニュートラルとビジネス」

写真

カーボンニュートラルに向けビジネスはどう変わるのか?
地球温暖化対策のため、二酸化炭素など温室効果ガスの排出を2050年までに「実質ゼロ」にする「カーボンニュートラル」の動きが国内外で加速してきました。政府だけでなく、独自にカーボンニュートラルを宣言し、「パリ協定」と整合的な目標を掲げる日本企業も増えています。
大転換期を迎えるなか、エネルギーや金融、カーボンプライシングなどのテーマについて、高村ゆかり・東京大学未来ビジョン研究センター教授ら第一人者の研究者や第一線の企業役員らが解説と討論をします。政策や企業の動向に関心のある方は必見です!

《プログラム》
15:00 主催者あいさつ(西山公隆朝日新聞科学医療部長)
    来賓スピーチ(小泉進次郎環境大臣=ビデオメッセージ=、スー木下駐日英国臨時代理大使)
15:25 第1部「2050年 カーボンニュートラルをどう実現するか」(75分)
   (石井菜穂子東京大教授、翁百合日本総研理事長、黒崎美穂氏〈BNEF〉)
16:50 第2部「カーボンニュートラル 企業はどう対応するのか」(75分)
   (林礼子BofA証券取締役副社長、奥田久栄JERA常務執行役員)
*コーディネーターは1・2部ともに高村ゆかり東京大教授と石井徹朝日新聞編集委員。ほかに、酒井功雄FFFジャパンオーガナイザーが参加(プログラムは変更する場合があります)。

《出演者》
・小泉進次郎さん
環境大臣兼内閣府特命担当大臣(原子力防災)。米国戦略国際問題研究所(CSIS)研究員、小泉純一郎衆議院議員の秘書を経て、2009衆議院議員初当選。以来当選4回。内閣府大臣政務官兼復興大臣政務官を経て、2019年より現職(2020年再任)。関東学院大学経済学部卒、米国コロンビア大学大学院政治学部修了。

・スー木下(Sue Kinoshita)さん
駐日英国臨時代理大使。2020年8月駐日英国首席公使。1983年に英国外務省に入省以来、貿易政策、広報、EU加盟問題、人事、財務等の幅広い分野において活躍。在ジュネーブ英国政府事務局にて総領事、駐日英国大使館にて貿易・対英投資ダイレクター、駐韓英国大使館にて公使参事官兼貿易・対英投資ダイレクター、駐日英国大使館にて公使参事官(経済・科学・貿易政策・エネルギー政策)などを経て駐日英国首席公使。マンチェスター工科大学卒業。

・石井菜穂子さん
東京大学理事、東京大学未来ビジョン研究センター教授。1981年大蔵省(現財務省)入省。国際通貨基金(IMF)エコノミスト、世界銀行ベトナム担当、世界銀行スリランカ担当局長などを歴任。2010年財務省副財務官。2012年地球環境ファシリティCEO。2020年8月より現職。東京大学未来ビジョン研究センターに新設されたグローバル・コモンズ・センターのダイレクターとして、人類の共有財産である「グローバル・コモンズ」の責任ある管理について、国際的に共有される知的枠組みの構築を目指している。東京大学博士(国際協力学)。

・翁百合さん
日本総合研究所理事長。日本銀行勤務を経て日本総合研究所入社、2018年より現職。株式会社産業再生機構非常勤取締役兼産業再生委員、日本学術会議会員、早稲田大学客員教授 、 規制改革会議・健康医療ワーキンググループ座長 、慶應義塾大学特別招聘教授など歴任。 慶應義塾大学経済学部卒、慶應義塾大学大学院経営管理研究科修士課程修了。京都大学博士(経済学)。研究・専門分野は金融システム、社会保障、経済政策など。

・黒崎美穂さん
ブルームバーグNEF日本韓国市場分析部門長。電力・ガス業界担当シニアアナリストを経て2017 年より現職。電力ガス市場改革、再生可能エネルギー導入と経済性、原子力再稼動、LNG需要予測などの分析を統括する。2009 年よりブルームバーグ社にてESG(環境、社会、ガバナンス)アナリストとして分析ツールの作成を行う。2020 年に環境省の石炭火力発電輸出ファクト検討会の委員、2018 年には外務省の気候変動に関する有識者会合の委員を務める。2007 年よりロンドンのTrucost 社にて環境リサーチアナリストを経験し、現在に至る。慶應義塾大学経済学部卒。Imperial College London 環境ビジネス修士号取得。

・奥田久栄さん
JERA取締役常務執行役員経営企画本部長。1988年、中部電力株式会社入社、経営戦略本部事業戦略グループ部長、経営戦略本部アライアンス推進グループ部長、グループ経営戦略本部アライアンス推進室長、コーポレート本部アライアンス推進室長を歴任。2019年、JERA常務執行役員経営企画本部長を経て現職。早稲田大学政治経済学部卒。

・林礼子さん
BofA証券取締役副社長。1987年、シティバンクN.A.に入行後、パリバ証券(現BNPパリバ証券)を経て、メリルリンチ日本証券株式会社(現 BofA証券株式会社)に入社、資本市場部門長を経て2019年より現職。現在、国際資本市場協会(ICMA) 理事会理事、金融庁・環境省・経済産業省主催トランジション・ファイナンス環境整備検討会委員、金融庁サステナブルファイナンス有識者会議委員、日本証券業協会のSDGsの推進に関する懇談会委員等、同社のESG担当役員として複数のESG関連組織に参画。東京大学教養学部教養学科(国際関係論)卒、同大学院教育社会学研究科修士課程修了。

・酒井功雄さん
Fridays For Future Tokyo, Japan オーガナイザー。米国アーラム大学1年。2001年、東京都中野区出身。17年に1年間米国ミシガン州に高校留学。現地で気候変動の緊急性に気付き18年12月から国際環境NGO350.orgのボランティアになり、そのつながりで日本における学生たちの気候ストライキ、”Fridays For Future Tokyo”(以下FFFT)の開始に関わる。その後オーガナイザーとしてFFFTでグローバル気候マーチの運営や運動の全国組織化に関わり、直近ではエネルギー政策に関しての国政キャンペーンの企画などに携わる。現在は米国インディアナ州のリベラルアーツ大学において、環境文学などを学んでいる。

・高村ゆかりさん (コーディネーター)
東京大学未来ビジョン研究センター教授。島根県生まれ。専門は国際法・環境法。京都大学法学部卒業。一橋大学大学院法学研究科博士課程単位修得退学。静岡大学助教授、龍谷大学教授、名古屋大学大学院教授などを経て現職。国際環境条約に関わる法的問題、気候変動に関する法政策などを研究対象とする。日本学術会議会員、再生可能エネルギー固定価格買取制度調達価格等算定委員会委員、中央環境審議会委員などを務める。パリ協定の長期低排出戦略を作成するパリ協定長期成長戦略懇談会、アジア開発銀行の気候変動と持続可能な発展に関する諮問グループの委員なども務める。

・石井徹 朝日新聞編集委員 (コーディネーター)

※朝日新聞デジタル有料もしくは無料会員への登録が必要です。

※朝日ID会員の方は、朝日新聞デジタル有料もしくは無料会員の登録が必要ですので、ページ末尾の「お申し込み」をクリック後、『会員登録して応募・回答する』にお進み下さい。


※日時は全て日本時間です

開催日時 3月19日(金)15:00~19:00(ライブ配信)
参加費 無料
参加方法 申し込みされた方に、視聴用URLをお送りします。※この時間帯にご視聴いただけない場合は、5月10日(月)23:59までのあいだ、オンデマンド配信でご覧いただけます。
定員 なし
申込締切 5月10日(月)19:00
申込方法 ◆朝日新聞デジタルの無料・有料会員の方
末尾の「お申し込み」ボタンからログインして、必要事項を入力の上、ご応募ください。

◆まだ朝日新聞デジタル会員でない方
【ステップ1】朝日新聞デジタルの有料もしくは無料会員登録
朝日IDをお持ちでない方、もしくは、すでにお持ちの方でも朝日新聞デジタル会員でない場合は、会員になっていただく必要があります。
このページ末尾「お申し込み」をクリックして「会員登録して応募・回答する」からお進みください。
(※ログイン画面のみが表示されたお客様は、ログインしていただき、その先で赤色ボタン「有料もしくは無料会員に登録」が表示されますので、そこからお進みください)
有料もしくは無料会員登録が完了したら、完了ページに「応募/回答画面へ進む」ボタンが出ます。ボタンを押してイベント応募ページに戻ってください。

【ステップ2】イベント応募ページに入力
必要事項を入力の上、ご応募ください。
※申し込みは、お一人様1回のみとさせていただきます。重複した登録はお控えいただきますよう、よろしくお願いします。

・イベント前日までに当日のご案内をメールにて送付させていただきます。
・朝日IDに携帯・スマートフォンのアドレスを登録されているお客様は、docomo、au、softbankなど各キャリアのセキュリティー設定や迷惑メール対策等で、お客様がドメイン指定受信を設定されている場合、メールが正しく届かないことがございます。「@asahi.com」ドメインからのメールを受信できるよう設定をお願いいたします。
マイページ画面に、本件のお申し込み情報が表示されていない場合は、お申し込みは完了されていません。
お問い合わせ 朝日新聞フォーラム事務局
forum@asahi.com
注意事項
・お預かりした個人情報は、本企画の連絡、配送、配達等に利用するほか、朝日新聞グループ(朝日新聞社、朝日新聞社のグループ企業および各新聞販売所・ASA)において、以下の利用目的で共同利用します。(1)商品・サービスの配送・提供 (2)商品・サービス・催し物の案内 (3)既存の商品・サービスの改善や、新しい商品・サービスの開発などのための調査 (4)提携企業等から提供された商品・サービス・催し物の案内及びプレゼントやアンケート類の送付 共同利用についての公表事項および共同利用者の範囲に含まれるグループ企業の一覧は、以下の個人情報保護方針の記載をご覧ください。・なお、上記配送や各種案内、調査には、電子メール、アプリ等の通知機能、電話回線、郵送物、メール便を含む宅配便、係員による訪問等の手段を用います。 ・朝日新聞グループはお客様の個人情報を、法令および個人情報保護方針(https://www.asahi.com/corporate/privacypolicy/)にしたがって安全かつ適切に取り扱います。

上記注意事項をご了承のうえ、お申込み下さい。